タグ「ラジオ」の記事一覧

9月 30 2013

坂崎幸之助、吉田拓郎 オールナイトニッポンGOLD 最終回

今日、坂崎幸之助、吉田拓郎 オールナイトニッポンGOLD が最終回を迎えた。
4年もやってて、とうとう飽きちゃったんだね。

今、リアルタイムで聴きながら書いているんだけどね。
毎回聴いてたわけじゃないけど、それでもよく聴いてた方だと思うよ。

僕は吉田拓郎のコアな世代じゃないけど、もちろんよく知ってる。
コアな世代とは違うけど、それでも子供の頃からリアルタイムで聴いていたね。
一番好きな曲は「となりの街のお嬢さん」かな。
改めて聴き直してみると、アレンジがやっぱり僕の好きなカントリーポップだよ。
リアルタイムで聴いた曲は心に残るもんだね。

続きを読む »

6月 03 2013

リニアPCMと圧縮フォーマット

音楽ファイルフォーマットについて中途半端な知識で語ってみます。

◆リニアPCMって知ってる?

あれだよね、普通の音楽CDや普通のWAVファイルの形式だよね。
つまりWMAやMP3みたいに圧縮してないファイル形式だよね。

ラジオ内臓ポータブルICレコーダーにリニアPCMで良い音で録音しようってうたってるのがある。

でも、リニアPCMなんてFMラジオ程度には完全に無駄じゃないのかなぁ。
英会話レッスンにもリニアPCMで良い音で録音しましょうって。
ラジオも英会話もその程度にリニアPCMなんていらないよね。
強いて言えば、動物の鳴き声や自然の音、楽器の生演奏なんていうのは役にたつと思う。
でもその場合マイクやマイクアンプが十分に性能が良いものでないとだめだけどね。

もうちょっと具体的に言うと、ラジオ録音や英会話に使うICレコーダーにはリニアPCMは全くいらない。
生録に使うようなオーディオICレコーダーならマイク系もそれなりのものだろうからリニアPCMも意味がでてくるよね。

ラ’ジオ録音や英会話程度に、リニアPCMは使わない方がいいよね、メモリーの無駄としか言えないから。
証明写真に数十万円の一眼レフカメラ使うとか、Skypeに業務用ビデオカメラ使うくらい変だよ、意味ないじゃん!

でも自作の音楽みたいな編集を繰り返す場合はリニアPCMがいいね。
圧縮フォーマットだと再エンコードで音質低下する可能性もあるから。

ここはラジオの話をするページだからリニアPCMは関係ないよね。
ちなみにウィキペディアによるとラジコは、「HE-AAC v2 48kbpsのステレオ」だってね。
AACの48kbpsはトーク番組はほとんど問題ないし、音楽でもラジカセ程度聴いたり、聞き流す程度なら十分だと思う。
ピュアオーディオ機器での再生となると気になるかな。
AACの48kbps程度ならやっぱり圧縮感はあるしね。

◆MP3フォーマット

AACの48kbpsだとMP3でいうと64kbpsくらいだろうか。
音楽の場合、128kbpsくらいだとエンコーダーやエンコード時のパラメーターで音質がガラっと変わるみたい。
僕の使うエンコーダーだと、128kbpsのノーマルエンコードは高音が圧縮ノイズでギラついて使い物にならない。
128kbpsのMS Stereoだとギラつきはなくなってこれなら普通に聴ける感じがするね。
単独で聴くと別に問題ないように感じるんだけど、FLACファイルと聴き比べると、音の悪さは分かるね。
でも僕程度の人間なら、MP3 192kbp以上だともうわかんないね。

とは言ってもCDからハードディスクに入れる時はFLACで入れてる。
あと、ポータブルプレイヤーに入れるときはMP3で入れてるね。
たっぷり曲数を入れたい時はMP3 128kbpsで入れる。
もっといっぱい入れたい時はWMA 48kbpsで入れたりするけど、今時はそこまでする必要はないね。
昔、MP3 32kbps Monoで音楽を入れていたことがあるよ。
その時代はポータブルプレイヤーのメモリが256kバイトや512kバイトの時代だったからね。
今は、8GB SDカードが500円程度だから、そこまでする必要はないよね。
でもまだ手軽に買えるのSDは32GバイトくらいだからなんでもFLACで入れるのは辛いよね。
10年も経てばテラのSDが500円くらいで買えるんだろうね。
僕の年齢くらいになると、10年なんてあっというまだからもうちょっとだよ。

◆AACフォーマット
最近AACをよく使ってる。
razikoでradikoを録音するとAACになるからそのまま使ってる。
配信のAACのストリーミングデータをそのまま保存してるんだと思う。
だから配信クオリティそのままだよね。
それを、天下の宝刀「MP3DirectCut」がで編集するんだよ。
再エンコードしないからオリジナルクオリティのまま編集ができるから非常に便利。

◆WMAフォーマット
コミュニティFMはWMAフォーマットを使って配信するのが多いみたい。
ストリーミングを保存するとWMAになる。
ASFなのかもしれないけどASFとWMAの関係がよく分からない。
とりあえずWMAとして保存してる。でもストリーミングを保存したWMAはシーク(巻き戻し、早送り)ができないので結局はMP3かAACに変換するんだけどね。
エンコードなしでシークできるようにできればいいんだけど、これもわかんない。

ラジオ本体

アマゾン キンドル最近僕のメインのラジオは、このキンドルがラジオになっています。

キンドルにラジコをインストールして、キンドルラジオって呼んでるんだけど、とってもお気に入り。

音は良いし、AM放送もステレオで聴けるので大満足です。
もちろん、録音もできます。

ただ、少しばかり「radiko」「raziko」のインストールの敷居が高いのが難点かな。

インストールが難しければネクサスを選ぶっていう選択もあるけど、ステレオスピーカーじゃないから、良い音でステレオで聴くなら外部(Bluetooth)スピーカーが必要になるね。

こっちでは、もう少し詳しく書いてます。

録音できるラジオは今までも何台か調べたり買ったりしてきました。

ソフアシステムズ Radio Server RS12 これはハードディスク内臓タイプなので、壊れちゃった。
本体の再生音は良くなかったけど、受信感度は高くて録音された音質も良かった。
録音フォーマットはmp3で十分コンパクトで圧縮ノイズもなかった。
お気に入りだったんだけどね。
ハードディスクを交換したけど、相性があるみたいで、同じメーカーかタイプでなかったから上手く動作しなかった。
グリフィン  radioSHARK 2 これはパソコンにUSBで繋ぐチューナータイプ。
感度はよくなかったし、外部アンテナも繋げなかったので長~いUSBケーブルを繋いで本体をベランダに出していた。
動作も不安定で時間が経つとUSBのバッファの関係か、プチプチノイズがでだした。
音質もあまりいいとは言えなかったかな。
良い点はリアルタイムの番組の一時停止、追っかけ再生ができること。
これは便利だね。
録音ファイルフォーマットはWMA。
今は使っていない。
オリンパス ラジオサーバー VJ-10 これは本体の再生音はとってもいいね。
録音品質はRS12よりは劣る感じがした。
それと最大の問題はAM放送をmp3で録音するとき、高音質ならファイルが大きすぎ、低音質なら音悪すぎで最悪だった。なのでしぶしぶWMAで録音した。
根本的な問題は、mp3の場合AMでもステレオ録音すること。
まったくプロの設計だとは思えなかったよね。
いや、趣味のアマチュアの方が良いものつくるけど。
結局、しっかりしたテストや熟知したユーザーの意見をきいてなかったんだろうね。
ま、今もサブで使ってますけど。
サン電子 Talk Master 2 これは買おうかなと思ったけど、なんとなく買わないままだった。
知らないうちに生産中止になっちゃった。

その他、ちょくちょくAMラジオを録音できる機器をしらべてみたけど、これっていうのはなかったのかな。
それにラジコがでてきたし。
AMを電波で受信するかぎりステレオ受信できないし、ノイズも多い。
だからラジコ以降急激に録音できるラジオに興味なくなっちゃった。
でも、ラジコが録音できなくなったら、また興味でてくるかも・・・。

 

6月 01 2013

ラジオ(本体)

クーガ115ラジオ(本体)のことを書こうと思う。

僕は割に自分では割にラジオマニアだと思う。
別にラジオ本体を集めているわけじゃないけどね。
でも、お金と置き場所があれば懐かしいBCLラジオを買いたい気持ちはあるね。
それでも普通の人よりはラジオは沢山持ってると思うよ。

左の写真はナショナル(現パナソニック)のBCLラジオの名機、「クーガ115」というラジオです。
僕も中古で買ったのを持ってるよ。 続きを読む »

5月 22 2013

最近の音楽情報元 2013-5-22

最近の音楽情報元もラジオが中心です。
昨年末,Kindle Fire HD 7(キンドル)を買った事もラジオを聴くのに拍車をかけました。
つまりラジオをラジコ経由で聴くようになり、キンドルはほぼラジオ化しています。

テレビのデジタル化によってテレビアンテナでFM放送が受信できなくなってからFM放送が聴けなくなっていました。
それ以来FM放送は聴けていなかったのですが、キンドルによってまたFM放送が聴けるようになりました。

では最近どんなのを聴いているかというと、 続きを読む »