タグ「ブログ」の記事一覧

Meja (メイヤ) – AniMeja: Ghibli Songs

Meja - AniMeja: Ghibli Songsスウェーデンのポップスシンガー、メイヤによるジブリ映画テーマソングのカバー曲集。

スウェーデンといえば、アバとイングヴェイ・マルムスティーンとこのメイヤくらいしか知らない。
メイヤは本国スウェーデンより日本の方が人気があるらしいね。
僕ももちろん大好きだから。
一時期、北欧ポップって流行ったんじゃない?
アメリカやイギリスの曲とは感じが違うよね。

さて、このアニメイヤ、ジブリ・ソングス、どういう経緯で作られたんだろう?
メイヤ自身が歌いたくて企画したのか、それとも日本のレコード会社からの依頼だろうか?
だいたいね、日本から海外アーティストに依頼して作ってもらったアルバムってね、そのアーティストのディスコグラフィのメインアルバムのみならずコンピレーションアルバムにも載ってないことが多いみたいなんだよね。
何か寂しいよね。 続きを読む »

6月 03 2013

リニアPCMと圧縮フォーマット

音楽ファイルフォーマットについて中途半端な知識で語ってみます。

◆リニアPCMって知ってる?

あれだよね、普通の音楽CDや普通のWAVファイルの形式だよね。
つまりWMAやMP3みたいに圧縮してないファイル形式だよね。

ラジオ内臓ポータブルICレコーダーにリニアPCMで良い音で録音しようってうたってるのがある。

でも、リニアPCMなんてFMラジオ程度には完全に無駄じゃないのかなぁ。
英会話レッスンにもリニアPCMで良い音で録音しましょうって。
ラジオも英会話もその程度にリニアPCMなんていらないよね。
強いて言えば、動物の鳴き声や自然の音、楽器の生演奏なんていうのは役にたつと思う。
でもその場合マイクやマイクアンプが十分に性能が良いものでないとだめだけどね。

もうちょっと具体的に言うと、ラジオ録音や英会話に使うICレコーダーにはリニアPCMは全くいらない。
生録に使うようなオーディオICレコーダーならマイク系もそれなりのものだろうからリニアPCMも意味がでてくるよね。

ラ’ジオ録音や英会話程度に、リニアPCMは使わない方がいいよね、メモリーの無駄としか言えないから。
証明写真に数十万円の一眼レフカメラ使うとか、Skypeに業務用ビデオカメラ使うくらい変だよ、意味ないじゃん!

でも自作の音楽みたいな編集を繰り返す場合はリニアPCMがいいね。
圧縮フォーマットだと再エンコードで音質低下する可能性もあるから。

ここはラジオの話をするページだからリニアPCMは関係ないよね。
ちなみにウィキペディアによるとラジコは、「HE-AAC v2 48kbpsのステレオ」だってね。
AACの48kbpsはトーク番組はほとんど問題ないし、音楽でもラジカセ程度聴いたり、聞き流す程度なら十分だと思う。
ピュアオーディオ機器での再生となると気になるかな。
AACの48kbps程度ならやっぱり圧縮感はあるしね。

◆MP3フォーマット

AACの48kbpsだとMP3でいうと64kbpsくらいだろうか。
音楽の場合、128kbpsくらいだとエンコーダーやエンコード時のパラメーターで音質がガラっと変わるみたい。
僕の使うエンコーダーだと、128kbpsのノーマルエンコードは高音が圧縮ノイズでギラついて使い物にならない。
128kbpsのMS Stereoだとギラつきはなくなってこれなら普通に聴ける感じがするね。
単独で聴くと別に問題ないように感じるんだけど、FLACファイルと聴き比べると、音の悪さは分かるね。
でも僕程度の人間なら、MP3 192kbp以上だともうわかんないね。

とは言ってもCDからハードディスクに入れる時はFLACで入れてる。
あと、ポータブルプレイヤーに入れるときはMP3で入れてるね。
たっぷり曲数を入れたい時はMP3 128kbpsで入れる。
もっといっぱい入れたい時はWMA 48kbpsで入れたりするけど、今時はそこまでする必要はないね。
昔、MP3 32kbps Monoで音楽を入れていたことがあるよ。
その時代はポータブルプレイヤーのメモリが256kバイトや512kバイトの時代だったからね。
今は、8GB SDカードが500円程度だから、そこまでする必要はないよね。
でもまだ手軽に買えるのSDは32GバイトくらいだからなんでもFLACで入れるのは辛いよね。
10年も経てばテラのSDが500円くらいで買えるんだろうね。
僕の年齢くらいになると、10年なんてあっというまだからもうちょっとだよ。

◆AACフォーマット
最近AACをよく使ってる。
razikoでradikoを録音するとAACになるからそのまま使ってる。
配信のAACのストリーミングデータをそのまま保存してるんだと思う。
だから配信クオリティそのままだよね。
それを、天下の宝刀「MP3DirectCut」がで編集するんだよ。
再エンコードしないからオリジナルクオリティのまま編集ができるから非常に便利。

◆WMAフォーマット
コミュニティFMはWMAフォーマットを使って配信するのが多いみたい。
ストリーミングを保存するとWMAになる。
ASFなのかもしれないけどASFとWMAの関係がよく分からない。
とりあえずWMAとして保存してる。でもストリーミングを保存したWMAはシーク(巻き戻し、早送り)ができないので結局はMP3かAACに変換するんだけどね。
エンコードなしでシークできるようにできればいいんだけど、これもわかんない。

6月 03 2013

ストリングスの曲

僕はポップスでのストリングスが大好き。
洋楽のストリングスアレンジってすばらしいよね。
僕の大好きな70sをすごく感じる。

ストリングスといえば、やっぱり僕はこの曲が一番に思い浮かぶよ。

「ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ 愛のテーマ」
インストゥルメンタルだけどね。

愛のテーマ ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ 愛のテーマ
(Barry White & Love Unlimited Orchestra – Love’s Theme)

ストリングスとファンキーなギターの組み合わせがとってもいいよ。
ラヴ・アンリミテッド・オーケストラの曲はどれもいいな。
ディグリーズ 天使のささやき スリー・ディグリーズ 天使のささやき
(Three Degrees – When will I see you again)

イントロのコーラスが印象的な曲。
ローズピアノも好きですよ。
ヴァン・マッコイ ハッスル ヴァン・マッコイ ハッスル
(Van McCoy – The Hustle)

やっぱりフルートのイントロが印象的ですよね。
フルートだよね?
アラベスク フライデイ・ナイト アラベスク フライデイ・ナイト (1978)
(Arabesque – Friday Night)

このストリングスのイントロもなかなかカッコいいよね。
この曲ではストリングスはリフになってるんだね。
アメリカではアラベスクはヒットしてなかったみたいだけどね。
フランク・プールセル・オーケストラ ミスター・ロンリー フランク・プールセル・オーケストラ ミスター・ロンリー
(Franck Pourcel – Mister Lonely)

僕以上の世代の人には欠かせない曲。
あのナレーションが自然と聴こえてきます。
胸キュンだよ。

僕の大好きな1970sのビルボードヒッツをがザッピングして(流して)聴いてみたんだけど、ポップスの多くにはストリングスが入ってるね。
それとウエストコーストロック系はストリングスじゃなく同じ役割でコーラスが入ってるのがわかったよ。

ミニー・リパートンのラヴィン・ユーって曲あるでしょう。
あれはシンセサイザーでやってるんだけど、本物のストリングスでやってほしかったなってよく思うよ。
ついでに、これは完全に好き嫌いだけど、あの「ピヨピヨ」の鳴き声は止めてほしかったなぁ。
いい曲なのに。

現代は予算的にも厳しいのかもしれないけど、すごく減ったように思う。
とくにJ-Popは使わないよね。
お手軽にシンセサイザーで入れたりすると逆効果だったりするから気をつけないと。
それにストリングスがあっても、非常に失礼だけども、アレンジがダメダメなのばっかり。
「も~やめてやめてっ!」って感じなのがよくある。
まだ歌謡曲の時代の方がずいぶんよかったように思う。
需要がないからアレンジできる人が減ったんだろうね。

今、ラジオから「いきものがかり ありがとう」が流れてる。
僕も大好きな曲だよ。
きよえちゃんの歌も大好きだしね。
でもやっぱり、ストリングスのアレンジはもうちょっとなんとかなんないの?と思うよ。

6月 01 2013

ラジオ(本体)

クーガ115ラジオ(本体)のことを書こうと思う。

僕は割に自分では割にラジオマニアだと思う。
別にラジオ本体を集めているわけじゃないけどね。
でも、お金と置き場所があれば懐かしいBCLラジオを買いたい気持ちはあるね。
それでも普通の人よりはラジオは沢山持ってると思うよ。

左の写真はナショナル(現パナソニック)のBCLラジオの名機、「クーガ115」というラジオです。
僕も中古で買ったのを持ってるよ。 続きを読む »

6月 01 2013

クリシェ進行

音楽のコード進行に「クリシェ」っていうのがあります。
クリシェはとてもキャッチーで印象的なコード進行です。
音楽で印象的なイメージを与えるのは臨時記号(♭,♯)がつく音なのですが、クリシェもそうです。
そして一番の特徴は、特定の音が半音ずつ変化することです。
半音ずつ、上がるのや下がるのや・・・。
(検索すると全音も含める記述もありますが、一般的には半音でしょう。)
クリシェはかわいらしいイメージになるのでポップスなんかに多いのかもしれません。

今はYouTubeの時代、さっそく何曲か見てみましょうか。
管理人の特権として僕の好きな曲からね。

 

BJトーマス 雨にぬれても B.J.トーマス 雨にぬれても Raindrops Keep Fallin’ on My Head)テーマ(歌)の最初がクリシェです。
見つめ合う恋 アルバムカバー カーペンターズ 「見つめ合う恋」(There’s a kind of hush)
ハーマンズ・ハーミッツのカーバー曲。
カーペンターズらしく一級品のポップスに仕上がってます。
60sの雰囲気が好きな人はハーマンズ・ハーミッツのオリジナルのがいいと思います。
カーペンターズは70sそのままの雰囲気です。
テーマ(歌)がクリシェになっているんだけど、1回めはちょっとわかりづらいけど、2回めはストリングスがなぞってくれているので分かりやすいね。
イントロがあって9秒くらいから1回目のテーマ、2回めが24秒くらいのとこ。
オリジナルの方はストリングスじゃなくコーラスでやってるね。
デイブクラークファイブ デイブ・クラーク・ファイブ 「ビコーズ」
オールディーズの名曲です。
イントロのオルガンもクリシェですが、最後の音が下がるので、やっぱりテーマ(歌)の部分でしょう。
コードでいうとイントロは「G – Gaug – G6 – Gaug」
テーマ部分は「G – Gaug – G6 – G7」となっています。
ビートルズ ビートルズ 「ミッシェル」

シンプルなアコースティックギターのイントロがクリシェです。ビートルズの曲だけあって、洋楽ファンなら一度は耳にしてるでしょう。

ビートルズ  ビートルズ 「サムシング」

ミッシェルはポールの作品だけど、こちらはジョージの作品。テーマ(歌)の最初の部分がクリシェになっています。
クリシェとなる音をオルガン音が弾いているんだけど小さいから分かり辛いかな。
コードでいうと「D – Dmaj7 – D7 – G」
音でいうと「D – C# – C – B」と半音ずつ下がっていきます。

ハロー・ミスター・サンシャイン タニヤ・タッカー タニヤ・タッカー ハロー・ミスター・サンシャイン

1970年代にコーヒーのCMに使われました。
たしか、シングルレコード買ったんじゃないかな。
サビがクリシェになっています。
かまやつひろしさんの作品ですが、見事なアメリカンカントリーポップに仕上がっています。
日本人が作った曲とはまったく思えません。
かまやつさんがカントリーを歌うのを見たことがありますが、とてもクオリティが高かったです。

こうやってあげてみると、超一級品の曲ばっかりですね。
クリシェの曲にいい曲が多いのか、そういうのしか僕が思い浮かばないのか・・・。
(思いついたら追加します。)

僕のベストフェイバリットソングの2曲が入っているってことは僕はクリシェの曲が好きなのかもしれないですね。
そしてその2曲は子供の頃から好きだから、クリシェは子供にも受けるのかもしれないです。

◆ちょっとギターを弾ける人へ
でもギターのコードをいうとクリシェはちょっと押さえにくいよね。
「C – Caug – C6 – C7」
Caugとかね
C6なんて小指使わないといけないからちょっと慣れないとしんどいよね。

「D – Dmaj7 – D7 – G」、あっ、これは簡単だね。
あっ、まだいけるね。
「D – Dmaj7 – D7 – G – Gm7 – D」、でクリシェになってるね。
音でいうと「D-C#-C-B-Bb-A」になってる。

キーをCでいうと・・・。「C – Cmaj7 – C7 – F – Fm – C」、になるよね。

クリシェって「ソ」「ソ♯」「ラ」「シ♭」てのと、「ド」「シ」「シ♭」「ラ」があるんだね。
でもこれの逆はダメだね。

「ミ」「ファ」「ファ♯」「ソ」もいけるね。
こっちは逆パターンもいけるみたい。
コード名は何かわかんないけどね。
でもイメージ的にはこっちはクリシェっていうより「ペダルポイント」の感じがするよね。
ペダルポイントは最低音を一定の音に保ったままコードを変えるコード進行です(だと思う)。

音楽理論は強くないのであんまりつっこまないでね。

5月 30 2013

KISS

kiss_small
最近でもKISSのTシャツ着た人を時々見かけるよね。

インパクトあるもんね。
僕も持ってるよ。
僕もそうだし、多分みんなもそうだと思うんだけど、やっぱりオリジナルメンバーがいいよね。

KISSは僕が子供の頃にブレイクしたんだ。
評価は二分されるだろうけど、非常に成功したバンドだよね。
僕ももちろん大好きなバンドだよ。 続きを読む »

5月 22 2013

胸キュンミュージック

ある特定の曲を聴くと、いつもある感情が沸いてくることあるでしょう?。
感情って説明難しいけど、「胸キュン」が一番近い感じだと思うよね。
誰にでもそんな曲ってあるんじゃないのかなぁ。
オジサンでも「胸キュン」になるだよ。
たぶん、おじいちゃんになってもなると思う。 続きを読む »

5月 22 2013

最近の音楽情報元 2013-5-22

最近の音楽情報元もラジオが中心です。
昨年末,Kindle Fire HD 7(キンドル)を買った事もラジオを聴くのに拍車をかけました。
つまりラジオをラジコ経由で聴くようになり、キンドルはほぼラジオ化しています。

テレビのデジタル化によってテレビアンテナでFM放送が受信できなくなってからFM放送が聴けなくなっていました。
それ以来FM放送は聴けていなかったのですが、キンドルによってまたFM放送が聴けるようになりました。

では最近どんなのを聴いているかというと、 続きを読む »

3月 10 2012

音楽の情報元

今でも、ボチボチと音楽の情報を集めています。
新しい音楽から古い古い音楽まで時代に関係なくジャンルに関係なくアンテナを張っています。 続きを読む »

3月 02 2012

サブリナ

サブリナって、家入レオって人が歌ってるんですね。
とてもキャッチーな曲でヒットしているようでよく耳にします。
初めはYUIが歌っているのかなって思ってた。
でもどうして「サブリナ」なの?って思ってしまう。 続きを読む »

古い記事へ «