Category Archive:

4月 22 2014

夏川りみ 虹のかけら

最近、夏川りみの「虹のかけら」がNHKでよく掛かっている。

「なだそうそう」なんてほんと大好きな曲です。

続きを読む »

4月 04 2014

お気に入りアニメーションPV

日本はアニメと言われるアニメーションで世界中で人気があるけど、西洋には日本にはない世界観のアニメーションがあるよね。

日本人の僕にはそういうエキゾチックなアニメーションが好きだな。

続きを読む »

1月 31 2014

だる~い曲

だる~い曲ってあるでしょう。

どんなのって最後まで聴くのが辛いの。

まずはこれ!

続きを読む »

6月 03 2013

ストリングスの曲

僕はポップスでのストリングスが大好き。
洋楽のストリングスアレンジってすばらしいよね。
僕の大好きな70sをすごく感じる。

ストリングスといえば、やっぱり僕はこの曲が一番に思い浮かぶよ。

「ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ 愛のテーマ」
インストゥルメンタルだけどね。

愛のテーマ ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ 愛のテーマ
(Barry White & Love Unlimited Orchestra – Love’s Theme)

ストリングスとファンキーなギターの組み合わせがとってもいいよ。
ラヴ・アンリミテッド・オーケストラの曲はどれもいいな。
ディグリーズ 天使のささやき スリー・ディグリーズ 天使のささやき
(Three Degrees – When will I see you again)

イントロのコーラスが印象的な曲。
ローズピアノも好きですよ。
ヴァン・マッコイ ハッスル ヴァン・マッコイ ハッスル
(Van McCoy – The Hustle)

やっぱりフルートのイントロが印象的ですよね。
フルートだよね?
アラベスク フライデイ・ナイト アラベスク フライデイ・ナイト (1978)
(Arabesque – Friday Night)

このストリングスのイントロもなかなかカッコいいよね。
この曲ではストリングスはリフになってるんだね。
アメリカではアラベスクはヒットしてなかったみたいだけどね。
フランク・プールセル・オーケストラ ミスター・ロンリー フランク・プールセル・オーケストラ ミスター・ロンリー
(Franck Pourcel – Mister Lonely)

僕以上の世代の人には欠かせない曲。
あのナレーションが自然と聴こえてきます。
胸キュンだよ。

僕の大好きな1970sのビルボードヒッツをがザッピングして(流して)聴いてみたんだけど、ポップスの多くにはストリングスが入ってるね。
それとウエストコーストロック系はストリングスじゃなく同じ役割でコーラスが入ってるのがわかったよ。

ミニー・リパートンのラヴィン・ユーって曲あるでしょう。
あれはシンセサイザーでやってるんだけど、本物のストリングスでやってほしかったなってよく思うよ。
ついでに、これは完全に好き嫌いだけど、あの「ピヨピヨ」の鳴き声は止めてほしかったなぁ。
いい曲なのに。

現代は予算的にも厳しいのかもしれないけど、すごく減ったように思う。
とくにJ-Popは使わないよね。
お手軽にシンセサイザーで入れたりすると逆効果だったりするから気をつけないと。
それにストリングスがあっても、非常に失礼だけども、アレンジがダメダメなのばっかり。
「も~やめてやめてっ!」って感じなのがよくある。
まだ歌謡曲の時代の方がずいぶんよかったように思う。
需要がないからアレンジできる人が減ったんだろうね。

今、ラジオから「いきものがかり ありがとう」が流れてる。
僕も大好きな曲だよ。
きよえちゃんの歌も大好きだしね。
でもやっぱり、ストリングスのアレンジはもうちょっとなんとかなんないの?と思うよ。

6月 01 2013

クリシェ進行

音楽のコード進行に「クリシェ」っていうのがあります。
クリシェはとてもキャッチーで印象的なコード進行です。
音楽で印象的なイメージを与えるのは臨時記号(♭,♯)がつく音なのですが、クリシェもそうです。
そして一番の特徴は、特定の音が半音ずつ変化することです。
半音ずつ、上がるのや下がるのや・・・。
(検索すると全音も含める記述もありますが、一般的には半音でしょう。)
クリシェはかわいらしいイメージになるのでポップスなんかに多いのかもしれません。

今はYouTubeの時代、さっそく何曲か見てみましょうか。
管理人の特権として僕の好きな曲からね。

 

BJトーマス 雨にぬれても B.J.トーマス 雨にぬれても Raindrops Keep Fallin’ on My Head)テーマ(歌)の最初がクリシェです。
見つめ合う恋 アルバムカバー カーペンターズ 「見つめ合う恋」(There’s a kind of hush)
ハーマンズ・ハーミッツのカーバー曲。
カーペンターズらしく一級品のポップスに仕上がってます。
60sの雰囲気が好きな人はハーマンズ・ハーミッツのオリジナルのがいいと思います。
カーペンターズは70sそのままの雰囲気です。
テーマ(歌)がクリシェになっているんだけど、1回めはちょっとわかりづらいけど、2回めはストリングスがなぞってくれているので分かりやすいね。
イントロがあって9秒くらいから1回目のテーマ、2回めが24秒くらいのとこ。
オリジナルの方はストリングスじゃなくコーラスでやってるね。
デイブクラークファイブ デイブ・クラーク・ファイブ 「ビコーズ」
オールディーズの名曲です。
イントロのオルガンもクリシェですが、最後の音が下がるので、やっぱりテーマ(歌)の部分でしょう。
コードでいうとイントロは「G – Gaug – G6 – Gaug」
テーマ部分は「G – Gaug – G6 – G7」となっています。
ビートルズ ビートルズ 「ミッシェル」

シンプルなアコースティックギターのイントロがクリシェです。ビートルズの曲だけあって、洋楽ファンなら一度は耳にしてるでしょう。

ビートルズ  ビートルズ 「サムシング」

ミッシェルはポールの作品だけど、こちらはジョージの作品。テーマ(歌)の最初の部分がクリシェになっています。
クリシェとなる音をオルガン音が弾いているんだけど小さいから分かり辛いかな。
コードでいうと「D – Dmaj7 – D7 – G」
音でいうと「D – C# – C – B」と半音ずつ下がっていきます。

ハロー・ミスター・サンシャイン タニヤ・タッカー タニヤ・タッカー ハロー・ミスター・サンシャイン

1970年代にコーヒーのCMに使われました。
たしか、シングルレコード買ったんじゃないかな。
サビがクリシェになっています。
かまやつひろしさんの作品ですが、見事なアメリカンカントリーポップに仕上がっています。
日本人が作った曲とはまったく思えません。
かまやつさんがカントリーを歌うのを見たことがありますが、とてもクオリティが高かったです。

こうやってあげてみると、超一級品の曲ばっかりですね。
クリシェの曲にいい曲が多いのか、そういうのしか僕が思い浮かばないのか・・・。
(思いついたら追加します。)

僕のベストフェイバリットソングの2曲が入っているってことは僕はクリシェの曲が好きなのかもしれないですね。
そしてその2曲は子供の頃から好きだから、クリシェは子供にも受けるのかもしれないです。

◆ちょっとギターを弾ける人へ
でもギターのコードをいうとクリシェはちょっと押さえにくいよね。
「C – Caug – C6 – C7」
Caugとかね
C6なんて小指使わないといけないからちょっと慣れないとしんどいよね。

「D – Dmaj7 – D7 – G」、あっ、これは簡単だね。
あっ、まだいけるね。
「D – Dmaj7 – D7 – G – Gm7 – D」、でクリシェになってるね。
音でいうと「D-C#-C-B-Bb-A」になってる。

キーをCでいうと・・・。「C – Cmaj7 – C7 – F – Fm – C」、になるよね。

クリシェって「ソ」「ソ♯」「ラ」「シ♭」てのと、「ド」「シ」「シ♭」「ラ」があるんだね。
でもこれの逆はダメだね。

「ミ」「ファ」「ファ♯」「ソ」もいけるね。
こっちは逆パターンもいけるみたい。
コード名は何かわかんないけどね。
でもイメージ的にはこっちはクリシェっていうより「ペダルポイント」の感じがするよね。
ペダルポイントは最低音を一定の音に保ったままコードを変えるコード進行です(だと思う)。

音楽理論は強くないのであんまりつっこまないでね。

2月 05 2012

青春の洋楽 at 1975

1975年は僕が幅広く洋楽を聴き出した年。
1975年は僕はまだ小学生だった。 続きを読む »

10月 19 2011

Everybody’s Somebody’s Fool

明くキャッチーなオールディーズ/カントリーポップで、内容は「みんな誰かに騙される」という内容らしいですが、恋とは騙し騙される、つまり「みんな誰かに恋をする」という意味なんでしょう。

この曲はwikipediaによるとJack Keller (作曲)とHoward Greenfield(作曲)がコニー・フランシスのために書いた作品となっています。

僕が初めてこの曲を聴いたのはデビー・ブーンのカバーバージョンでした。
ちょっと調べてみると、オリジナルは1960年にコニーフランシスバージョンでビルボードNo1になっていました。
結果的に、僕はビルボードNo.1ソングが大好きなようで、No.1ソングにたくさん好きな曲があります。
言い方を変えれば一般受けするミーハーな曲が大好きなんでしょう (^_^)。

続きを読む »

2月 25 2010

リリー・マルレーン

今、ラジオから梓みちよさんの、リリー・マルレーンが流れている。
ラジオによると1975年(昭和50年)にリリー・マルレーンがリバイバルヒットしていたらしい。

梓みちよさんのバージョンは覚えていないんだけど、その当時この曲を良く耳にした覚えがある。
誰のバージョンかは覚えていないけれど、マレーネ・ディートリッヒではなかったと思う。

続きを読む »