↑ Return to Artists

ガマロン

アメリカのインストゥルメンタルロック/フュージョンバンド。

それにしても「ガマロン」!、仮面の忍者赤影かウルトラマンに出てきそうな昭和テイストたっぷりの怪獣の名前のようなグループ名です。
ウェブでは実際ガマロンという怪獣が検索されます。
それはさて置き・・・

リーダーのテッド・ラインハルトは10代の頃からバンドを初め、音楽性やメンバーが変りつつ現在のインストゥルメンタルバンド、ガマロンとなったのは1980年代になってからです。

ガマロン結成当時のオリジナルメンバーは

Ted Reinhardt : Drums
Tom Reinhardt : Bass
Bruce Brucato : Rythm Guitar
George Puleo : Lead Guitar
Tom Schuman : Piano

そして、現在オリジナルメンバーはリーダーのテッド・ラインハルトのみです。

サウンド的にはディストーションギターを前面に出した、フュージョンとハードロック/ヘビーメタルの中間的な感じで、それこそ文字通りのフュージョン(融合)サウンドかもしれません。
具体的にいうとフュージョンサウンドをバックにハードなリードギターを全面に出しています。
私自身こういうサウンドをハードフュージョンと呼んでいるのですが、このジャンルには例えば、アラン・ホールズワースやフランクギャンバレー、ガスリー・ゴーヴァン等がいます。
もう少し見方を変えれば、純粋なフュージョンファンから見れば「とてもヘビーメタルっぽい」漢字だし、ヘビーメタルファンからみれば「完全にフュージョンじゃないの?」 でしょう。

セカンドアルバム「Project: Activation Earth」は名義的にはアーニー・ワッツのアルバムの様なタイトルですが、実質的にガマロンのアルバムです。
大御所アーニー・ワッツに敬意を表したのと、販売戦略上ワッツの名前を前面に出したのではないでしょうか。
私自身、CD販売店でこのアルバムを見つけ、見事に、「アーニー・ワッツ」の名前買いをしたのです。
それ以降、ガマロンは大好きです。

一部ギターファンの間では、ガマロンには美人ギターリスト Nori Bucci(ノリ・ブッチ)が在籍していたことで知られていますが、残念ながらガマロンのアルバムには参加していません。

1987 CD 1987 Gamalon Gamalon 1. Billy’s Saloon (5:43)
2. Ooh…Babe (4:22)
3. The King (5:42)
4. Black Licorice (4:23)
5. Cabin #14 (6:45)
6. Souvenirs (6:33)
7. Jungle Fever (5:13)
Ted Reinhardt – drums, all instruments on “Jungle
Fever”Bruce Brucato – guitar
George Puleo – guitar
Tom Reinhardt – bass
Tom Schuman – piano on The King & Souvenirs
1989 CD 1989 Project: Activation Earth
Project:
Activation Earth
1. Project Earth (5:48)
2. The Other Side (4:44)
3. Activation (4:54)
4. Channel (7:36)
5. Lift Off (4:48)
6. Miles To Go (5:00)
7. Home Again (4:58)
8. Ascension (5:02)
Ernie Watts – saxophone
Ted Reinhardt – drums
Tom Reinhardt – bass
Bruce Brucato – rythm guitar
George Puleo – guitar
1990 CD 1990 Aerial View
Aerial View
1. Bleecker Steet
2. Lena
3. Beat The Heat
4. Rift, The
5. 1969
6. Lost Ghost, The
7. Large March
8. U.F.O.
9. Aerial View
10. Relapse
Ted Reinhardt – basses
Tom Reinhardt – drums, percussion
Brusce Brucato – guitars
Ernie Watts – sax on “Relapse”
Tom Schuman / mini moog on “Beat the Heat”
1991 CD 1996 High Contrast
High Contrast
1. Golden Wheels (4:54)
2. The War Within (4:06)
3. Tecumseh (5:34)
4. Starlite (4:17)
5. High Contrast (5:41)
6. The Last Ghost Reprise (1:30)
7. You Still Have Time (5:10)
8. Flyby (5:12)
9. Out Your Door (3:52)
10. Common Ground (5:53)
11. Helter Skelter (3:35)
12. Tears Of A Planet (3:54)
Ted Reinhardt – drums, percussion, Chapman Stick on “Flyboy”
Tom Reinhardt – bass, vocals
Bruce Brucato – guitar
George Puleo – guitar
Geoffrey Fitzhugh Perry – violin, Fretless bass,
Piccolo bass, guitar on “Tecumseh”
Tom Schuman – keyboards
1996 CD 1996 Held to the Light
Held to the Light
1. The Creeps (5:31)
2. Red Zone (4:45)
3. Pickett’s Charge (4:48)
4. Cave (4:43)
5. Held To The Light (5:48)
6. Gemini (4:25)
7. The Sword (5:20)
8. Sahara (5:55)
9. The Shield (3:15)
10. Relay (4:40)
11. Rainbow (1:45)
Ted Reinhardt – drums, percussion, Chapman Stick, Xylophone
Tony Scozzaro – guitar, Chapman Stick
Bruce Brucato – guitar
Jim Wynne – bass
George Puleo – guitar on “Red Zone”
Tom Reinhardt – bass guitar (“Relay”)
Ravi Padmanabha – tabla on “Cave” & “The Sword”
Emile Latimer – Djembe, JuJu on “Sahara”
Bob Accurso – marimba on “Cave”, “Held To The Light” & “The Sword”
1998 CD 1998 Live at the Tralf
Live at the Tralf
1. Red Zone (7:02)
2. Intro (1:30)
3. 1969 (7:37)4. Intro (3:31)
5. Sahara (7:36)
6. Intro (3:20)
7. Cave (6:23)
8. Intro (1:32)
9. Gemini (5:40)
10. The Sword (6:32)
11. Beat The Heat (8:34)
12. Pickett’s Charge (4:59)
13. The Violator (5:22)
Ted Reinhardt – drums, percussion
Bruce Brucato – guitar
Tony Scozzaro – guitar
Jim Wynne – bass, Chapman Stick
——————————————- ————————————————————————————